自分はどんな仕事がしたいのか、どんな企業に就職したいのかについて考えるには、日本にどんな企業が存在するのかについて知っておく必要が有ります。
様々な業界について知識を深める事により、自分に適した仕事や企業を適切に見極める事が大切です。

●金融
余っている所から足りない所へ、日本を支える「経済の潤滑油」。

生産と消費の循環で成り立っている経済社会が動くためには、その間を取り持つ「お金」が必要となる。「金融」とはこのお金の流れをさし、余っている所から足りない所へお金を融通し、一時的な過不足を調整することをいう。
日本の金融機関は、経済の発展と国民生活の安定を目的とする政府系金融機関と、預金として集めた資金を企業などへ貸し付ける「間接金融」、株券や社債の売買を仲介する「直接金融」などの民間金融機関がある。このほか「クレジット・信販」や店舗設備を貸し出す「リース」などもある。
金融業界は、さまざまな再編を繰り返し、異なる業種を傘下に加えた総合フィナンシャルグループの誕生など、ここ10 数年活発な動きを続けている。

主な業種
・銀行  ・証券・投資信託委託  ・クレジット・信販・リース  ・生命保険  ・損害保険
・信用金庫  ・労働金庫  ・信用組合  ・ファイナンス・ベンチャーキャピタル
・事業者金融  ・消費者金融  ・共済  ・商品取引

三菱UFJフィナンシャル・グループ みずほフィナンシャルグループ 三井住友フィナンシャル・グループ りそなホールディングス 三井住友トラスト・ホールディングス ゆうちょ銀行 野村ホールディングス 野村証券 大和証券グループ本社 大和証券 三菱UFJ証券ホールディングス 三菱UFJフィナンシャル・グループ 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 みずほ証券 みずほフィナンシャルグループ SMBC日興証券 三井住友フィナンシャルグループ
  • サポート行政書士法人
  • 沖縄ツーリスト
  • TOTO
  • 島津製作所
  • 住友科学