自分はどんな仕事がしたいのか、どんな企業に就職したいのかについて考えるには、日本にどんな企業が存在するのかについて知っておく必要が有ります。
様々な業界について知識を深める事により、自分に適した仕事や企業を適切に見極める事が大切です。

就職活動を始める前に、自分はどんな業界でどんな仕事がしたいのか、見定めることが大切です。

漠然と仕事探しをしているだけでは、企業側にも積極性が伝わりません。まずは、自分の興味のある業界から、業種→職種→企業と調べてゆくことで、どのような仕事があるのかが見えてきます。
また、急成長している業界や、下降傾向にある業界は何かもわかってくるでしょう。

自分の興味のある業界を見つけたら、それに関連する業界はどのようなものがあるのかも見てみましょう。
そうすることで社会の流れも見えてきます。

業界動向の研究を自分にあった企業を探す基準として活用しましょう。
また、就職を希望する業界で、自分はどう活躍したいかを予めイメージしてみましょう。

面接官は、就職を希望する業界をどのくらい知っているかによって、その学生の熱意の強さを見ています。
業界をあまり知らない=興味がない(志望度合いが低い)と受け取られてしまいます。
業界研究は、志望企業や志望動機を考える上で、とても役に立つ作業です。
就職活動の初期段階でしっかり取り組みましょう。

以下に、主な業界の特徴と、代表的な業種の勢力図を解説します。

  • 沖縄ツーリスト
  • サポート行政書士法人
  • TOTO
  • 住友科学
  • 島津製作所