就職先を探すには、学校の就職課を利用したりインターネットからのエントリーを活用される方が多いと思います。しかし実際に就職試験に至るまでの間、様々な状況で相手先と直接電話を交わす機会も訪れます。 電話は顔が見えないコミュニケーションだからこそ、相手に好印象を与える事が重要です。 ここでは様々なシーンにあわせた電話応対例や、マナーについて紹介していきます。

電話の受け方

①電話を受ける前に
・電話を受ける前にメモ・ペン・カレンダーを用意しておきましょう。
・自分の名前の漢字・アルファベット・カナを説明できるようにしておきましょう。
・自分の大学名・学部名・連絡先を説明できるようにしておきましょう。

②電話を取って名乗る
・「もしもし」ではなく、「はい、(自分の名前)です。」と言いましょう。

②あいさつをする
・電話の相手の企業名、担当者名をしっかり確認しましょう。
・「日本留学会社の鈴木様ですね、お忙しいところお電話ありがとうございます。」としっかりあいさつをしましょう。

③用件を聞く。
・顔は見えませんが、相づちを打ち、復唱しながらしっかり用件を聞きましょう。
・面接日・時間・担当者名・連絡先など、今後必要になるところはしっかりメモを取りましょう。
・聞き取れなかった点やわからない点は必ずその時に確認しましょう。

④あいさつして電話を切る
・「ご連絡ありがとうございました。失礼いたします。」とあいさつをし、相手が電話を切るのを待ってから静かに切りましょう。

  • コニカミノルタ
  • サポート行政書士法人
  • TOTO
  • 島津製作所
  • 住友科学