日本で就職するために必要な知識ついて、総論から各論までを多岐にわたって解説していきます。
就職活動を行う為の心構えや準備すべき事柄の解説は勿論、就職活動に関する用語解説や、様々なシーンにおけるルールやマナーなど、実践的な内容を網羅しています。

  • V:手紙の書き方

日本就職AtoZ > V:手紙の書き方

たとえばインターンシップのお礼など、特に礼儀正しさを印象づけたい場合は、メールよりも手紙の方が望ましいでしょう。手紙の方がより丁寧な印象を持ってもらえます。
また、郵送による提出書類などがあった場合、提出書類とは別に「送付書」を必ず付けましょう。

●企業へ履歴書を送るときの送付文の一例

手紙や封筒の宛名を書くときは、それに応じた書式やマナーがあります。下記を参考にマスターしておきましょう。

●宛名の書き方

手紙や封筒の宛名を書くときは、それに応じた書式やマナーがあります。下記を参考にマスターしておきましょう。

①切手
郵便物の重さによって料金が違う。郵便局で量って、必要な料金の切手を貼って送ろう。
②宛先の住所・番地の書き方
都道府県名から書く。
番地は「○-△-□」のように省略せずに、「○丁目△番□号」のように書く。
③会社名(&部署名)
「○○○(株)」と省略しない。「○○○株式会社」と正式名称で書く。
④宛名
担当者の氏名がわかる場合には、担当者の「氏名+様」と書く。
先方担当者の氏名がわからない場合は「採用ご担当者様」と書く。
⑤脇付け
内容物を宛名の左下に赤字で書く場合がある。
履歴書の場合「履歴書在中」と書く。
⑥送付者
自分の住所は封筒の中心線の右側、大学名や氏名は中心線の左側に書く。
もしくは、中心線の左側に住所と氏名をすべて書いてもよい。
⑦投函日
郵便を出した日を左上に書く。
  • TOTO
  • 沖縄ツーリスト
  • コニカミノルタ
  • 島津製作所
  • 住友科学