日本で就職するために必要な知識ついて、総論から各論までを多岐にわたって解説していきます。
就職活動を行う為の心構えや準備すべき事柄の解説は勿論、就職活動に関する用語解説や、様々なシーンにおけるルールやマナーなど、実践的な内容を網羅しています。

  • K:企業研究

日本就職AtoZ > K:企業研究

業界や仕事内容について理解を深めたら、志望する企業についても研究を進めましょう。
当サイトでは、留学生の受け入れを積極的に進めている企業を紹介しています。

●企業を研究するときのポイント

・外国人留学生を採用しているか?
・自分ができることや持っている専門知識を活かせるか?
・働くための環境が自分とあっているか?
・外国人留学生として自分が活躍できる場がありそうか?

上記のような視点をもって企業を研究することで、エントリーシートや面接などの回答を、より説得力のある内容でまとめることができます。

【具体的な回答の一例】
企業からの質問 :この会社を受けた理由は?
NG回答例① :自分の国でも有名だからです。
→なぜ有名なのか? どのようなところに魅力があるのかを答えましょう。
NG回答例② :開発技術がすごいから
→どの商品について、どのような技術が優れているのかを答えましょう。

●企業研究の進め方

①志望企業を見つけるためのポイントをいくつかにしぼる。
・外国人を採用しているか、母国に支社があるか、自分のスキルを活かせるか
②企業の情報を得る。
・先輩や外国人社員の話を聞く、企業セミナーに参加する
③研究内容を整理する。
・業界>業種>企業名でまとめる。
・他社と比較した結果や、判断した理由などを書き出す。
④志望動機を書く。
・簡潔で説得力のある志望動機を書く。
・志望動機を書いたら、必ず日本人に見てもらう。

●企業研究のポイント

就職情報サイトや就職四季報などから企業の状況を見るときは、下記のポイントに注意しましょう。

・経営情報
経営理念/ビジョン/経営方針/資本金/従業員数/事業内容(取り扱い製品やサービスの内容)/業績/事業所/関連企業/海外事業/主力商品 など

※特に企業の主力商品は必ずチェックすること。主力商品も知らないで採用試験を受けてはいけません。

・募集職種、配属、待遇情報
職種/仕事の内容/配属先/給与/休日/休暇/福利厚生/教育システム など

・採用プロセス
採用方針/選考方法/会社説明会の日程と場所/選考日程と場所/提出書類/テストの種類 など
また、インターンシップやOB・OG訪問で、実際に社風や社員の雰囲気を見ることも大切です。

●大企業と中小企業

日本において、資本金10億円以上の大企業は約5,800社あり、日本全体の会社数の0.3%がこれにあたります。一方、中小企業やベンチャー企業と呼ばれる企業の数は約178万社にのぼり、99.7%を占めています。

大企業では、さまざま部署や業務を経験しながら時間をかけて基礎力を身につけてゆきます。
・大規模な業務に参加できるチャンスがあります。
・社内規定やルールが明確にあるため、社会人としてのしっかりと基本が身につきます。
・外国人社員も日本人と同じようなキャリアを積ませる傾向にあります。

中小企業やベンチャー企業では、自分の能力次第で若いうちから企業の即戦力になれる可能性があります。
・入社後、早い時期から重要な仕事を任されることがあります。
・仕事を進めていく上で、イレギュラーなことにも比較的柔軟に対応することができます。
・外国人社員は国際性を活かした海外との業務に就く傾向があります。

自分の特性を考え、志望する企業を検討しましょう。

  • TOTO
  • サポート行政書士法人
  • 沖縄ツーリスト
  • 島津製作所
  • 住友科学